【簡単節約術】水筒生活で食費を節約!!【インパクト100万円以上】

f:id:r_shakaijin_plus:20191203115552j:plain

「少しでも生活費を節約して、貯蓄にまわしたい・・・」、「簡単に実践できる節約方法が知りたい・・・」

年金制度の崩壊が話題になり、お金の不安が増える今、あなたも同じように考えているんじゃないでしょうか?

ご存知の通り、節約に裏技はないです。

しかし、日々の小さな意識の変化の積み重ねで、最終的には大きな成果を出すことができます。

そんな、誰でも簡単に実践できる節約術から、「水筒生活」を紹介します。

この「水筒生活」を実践することで、誰でも簡単に食費を大幅に節約することができるので、非常におすすめです!(記事内のシミュレーションを参照してください。)

 

冒頭のように少しでも節約をしたいと思っているあなた、是非この記事で水筒生活の魅力を感じたら、すぐに挑戦してみてください。

一緒に小さな行動を積み重ねて、資産を積み上げましょう。

簡単節約術:水筒生活を続けて、食費を大幅に節約する方法

水筒生活を実践することで、食費の大幅な節約を狙いましょう。

まずは、水筒生活に関する要点について、以下の3点を簡単にまとめます。

①そもそも水筒生活とは?
②どんな水筒を使えばいいの?
③水筒に何を入れればいいの?

①そもそも水筒生活とは?

私の言っている水筒生活とは、実に簡単で以下のことを実践することです。

・出先でペットボトルや缶の飲料を購入することをやめる。 
・家から水筒を持参して、水筒に入れた飲み物を飲む。

仕事で外回りの多い営業マンの方などは、ついつい出先で飲料を購入してしまうと思います。

しかし、この100円、120円の出費を抑えることで、チリも積もれば山となります。 

②どんな水筒を使えばいいの?

水筒生活を行うには当然水筒が必要になりますが、結論から言うと水筒はどんなものでも問題ありません。

空きペットボトルでも、スタバのタンブラーでも何でもいいでしょう。

強いて言うならば、以下の3点を満たしているものならば、快適に使用できます。

・保温効果、保冷効果のあるもの
・一日分の必要な水分量が入るもの
・移動中に水がこぼれないもの

要は一般的な水筒ならば、何でもいいということです(笑)

私はAmazonで購入した、こちらの製品を使用しています。

安い製品なので水筒生活を続けていれば、コストはすぐに回収できます。

③水筒には何をいれればいいの? 

こちらも、それぞれの方の好みに合った飲み物を入れればいいです。

私は水道水でも十分に美味しく感じるタイプなので、水道水を入れて持ち歩いています。

お茶やジュースを飲みたいという方は、お得な2Lペットボトルを購入して詰め替えるか、お茶パックなどを使用して自分で作成するのがいいでしょう。

当然ですが、普段購入する500mlペットボトルなどを水筒に詰め替えても、節約にはならないので注意してください!

簡単節約術:水筒生活による金銭的なインパクトは100万円以上!!

ここまで、水筒生活の実践方法を見てきましたが、

「水筒生活を実践したところで、どれだけのインパクトがあるの?」

と感じていると思います。

これから、簡単なケースでシミュレーションしてみようと思いますが、人それぞれインパクトは違いますが、水筒生活によるインパクトは、なんと100万円以上になり得るのです!!

具体的ケースでシミュレーション

では、実際に若手サラリーマンが、水筒生活を開始したというケースを想定して、簡単に計算してみましょう。

こんな、イメージのサラリーマンです。

f:id:r_shakaijin_plus:20191203112140p:plain

職業:コピー機の営業マン

性別:男性

年齢:25歳

特徴:サラリーマン人生にも少し慣れ、少しメタボ気味。ついつい出先でお茶を買って飲んでしまう。

前提:ペットボトルのお茶=120円、勤務日数=250日、定年65歳

なんとなく、ついつい出先でお茶を買ってしまう、サラリーマンを想像できたでしょうか?

この営業マンが毎日1本ずつペットボトルのお茶を買っているとすると、サラリーマンの定年を迎える40年後には、120万円を消費していることになります。

計算式は、以下の通りですね。

120万円=120円(お茶代)×250日(年間勤務日数)×40年(定年までの期間)

つまり、これを水道水に置き換えるだけで、120万円の効果のある節約をすることができるのです!!

老後2,000万円問題解決に大きく貢献できます。

今、公的年金の他に老後資金として2,000万円が必要になってくる、という金融庁の報告書が話題になっています。

しかし今まで見てきたように、水筒生活を継続するだけで定年までに100万円以上のインパクトを出すことができます。

つまり、水筒生活だけで老後2,000万円問題の20分の1は解決してしまうのです!!

世間では、色々と騒がれていますが、日々の小さな意識の変化を積み重ねれば、老後2,000万円問題など怖くないですね! 

とにかく、すぐに水筒生活を始めてみましょう!

いかがでしたでしょうか?

これだけ簡単に取り組めて、インパクトの大きい節約術は、あまり多くないのではないかと思います。

水筒生活は、1回1回のインパクトは大きくないですが、日々の積み重ねで大きな成果を出すことができます。

つまり、早く始めれ始めるほどインパクトの大きくなる節約術です。

本記事を読んで、その魅力を少しでも感じてくれた方は、すぐに水筒生活を始めましょう!