サクソバンク証券の米国株取引手数料について世界一わかりやすく解説!

サクソバンク証券の米国株取引手数料について解説

株式投資によって資産形成するにあたり、効率的に資産を増加させられる投資対象の一つとして米国株式は非常におすすめです。

www.r-shakaijin-plus.com

日本にいながら米国株投資ができる証券会社はいくつかありますが、サクソバンク証券もその一つです。

株式投資をするにあたり手数料は証券会社の取り分、つまり投資家にとっては無駄なお金ですので、できるだけ安く抑えたい項目です。

サクソバンク証券での米国株取引手数料の特徴は以下のような点にあります。

  • 株の売買手数料は他社に比べて安い
  • 株の売買は円貨決済のみ
  • 配当金は自動で再投資も可能(DRIP)

当記事では、米国株式購入においてかかる手数料全般の仕組みと楽天証券で米国株式を売買する場合の手数料とその特徴について詳しく説明します。

サクソバンク証券での米国株取引にかかる手数料について

分析、グラフ

さっそく米国株投資においてかかる一般的な手数料と楽天証券の手数料についてみていきます。

米国株投資における一般的な手数料

日本に住んでいる方が株を購入する場合、以下の2つの手数料がかかります。

  • 円↔ドルの変換における為替手数料
  • 株式の売買手数料 

基本的に、この2種類以外の手数料はかかりませんので、安心してください。

それぞれ簡単に見てみます。

円↔ドルの変換における為替手数料

米国株式はアメリカの株ですので、アメリカの通貨であるドルで購入する必要があります。

そしてドルを入手するためには、円をドルに交換する手続きが必要になり、その際に手数料がかかります。

逆に株を売る際にも、ドルを円に変換する必要があり、この時に手数料がかかります。

実例で簡単に見てみます。

レート:1ドル=100円、手数料:1ドルあたり10円と仮定。

1万円をドルに変換しようとする時、

手数料がかからない場合、1万(円)÷100(円/ドル)=100(ドル)

手数料がかかる場合、1万(円)÷{100(円/ドル)+10(円/ドル)}=90.9(ドル)

こんな感じで、変換した場合に手数料分入手できるドルの金額が下がります。

株式の売買手数料 

こちらは名前の通り、株式を売買した際にかかる手数料です。

一般的には、実際に売買した価格(約定代金)の~%といった形になっています。

実例で簡単に見てみます。

手数料:約定代金の1%と仮定。

株価が100円の株式を100株購入する場合株を買うのに必要な金額は、

100(円/株)×100(株)=10,000(円)です。

手数料が約定金額の1%ですので手数料は、10,000(円)×1%=100(円)です。

結果的に、株式を購入するのに10,000(円)+100(円)=10,100(円)が必要になります。

こんな感じで、株式を購入した場合に手数料分だけ余計にお金がかかります。

サクソバンク証券での米国株取引にかかる手数料について

サクソバンク証券で米国株を取引きする際の手数料について、 上記で説明した以下の2つの手数料をそれぞれ見てみます。

  • 円↔ドルの変換における為替手数料
  • 株式の売買手数料

サクソバンク証券での円↔ドルの変換における為替手数料

まず初めにサクソバンク証券では、米国株の売買において円貨決済という方式を採用しています。

円貨決済について、以下で簡単に説明します。

一般的な証券会社では株を購入するにあたり、

  1. 円→ドルに変換
  2. ドルで株を購入する

という2ステップを踏む必要があります。

しかし、円貨決済ができる場合、

  1. 円で株を購入

ということで、1回の手続きで株を購入できます。株の売却時にも同様です。

つまり、円→ドルの変換を証券会社で自動的に行ってくれるのです。

この円→ドルの変換時に当然、為替手数料がかかってきます。

サクソバンク証券の為替手数料は以下のようになっています。

為替手数料(ドル↔円変換):0.2%

他の証券会社が大体1ドルあたり25銭を為替手数料にしています。

1ドル=110円の場合、サクソバンク証券では22銭が手数料になりますので、他の証券会社よりも若干安いということになります。

サクソバンク証券では配当金の受取も円貨決済

サクソバンク証券では配当金の受取りも円貨決済で行われます。

配当金についても、投資先の企業からはドルで支払われていますので、サクソバンク証券でドル→円への変換を自動的に行っており、その際に手数料がかかってきます。

その際の手数料は株の売買時にかかる為替手数料と同様に、

配当受け取り時の為替手数料(ドル→円変換):0.2%

のようです。

しかし、サクソバンク証券では配当を現金で受け取るだけでなく、自動的に配当金再投資を行うDRIP(Divended ReInvestment Plan)という方法を選択できます。

このシステムを利用すれば、為替手数料や売買手数料がかからないので、お得に配当金を活用できます。

現在このシステムを利用できる国内証券会社は、サクソバンク証券だけですので、この点は非常に魅力的ですね。

サクソバンク証券での株式の売買手数料

サクソバンク証券での株式の売買手数料は、以下のような条件になっています。

  • 約定代金の0.20%
  • 最低手数料:5ドル
  • 最大手数料:15ドル

わかりずらいと思うので詳しく説明すると、サクソバンク証券では基本的に約定代金の0.20%が手数料としてかかります。

そして最低手数料が5ドルですので、取引額がある一定の約定代金を下回ると手数料が5ドルで固定されます。

つまり手数料の割合が約定代金の0.20%以上になりますので、取引金額が小さくなればなるほど、割高になるということです。

また最大手数料が15ドルですので、取引額が大きくある一定の約定代金を超えると手数料が15ドルで固定されます。

こちらは逆に、手数料の割合が約定代金の0.20%以下になりますので、取引金額が大きくなればなるほど、割安になるということです。

ちなみに、手数料が5ドルになる約定代金は2,500ドル、手数料15ドルになるための約定代金は7,500ドルです。

つまり、80万円程度の取引額以上では、金額が上がるほど手数料がお得になりますが、30万円を下回る取引においては、手数料が割高になる可能性があります。

当ブログでも紹介している通り、マネックス証券やSBI証券などの一般的な手数料は約定代金の0.45%ですので、他社に比べると手数料率は安いと言えます。

サクソバンク証券で米国株式取引を始めよう!

登録

まとめると、サクソバンク証券で米国株取引においてかかる手数料は以下の通りとなっています。

為替手数料

  • 為替手数料(ドル↔円変換):0.2%
  • 配当金受取り時(ドル→円):0.2%

売買手数料

  • 約定代金の0.2%
  • 最低手数料:5ドル
  • 最大手数料:15ドル
  • 配当金は自動再投資も可能。その際は手数料がかからない。

手数料の金額については他証券会社より安い水準にあり、それは非常に魅力的です。

しかも配当金を自動で再投資できるなどの魅力的なシステムがあります。

しかし、特定口座を利用できないなどのデメリットもあるために、あまり投資家の間で浸透していないようです。

まだ海外株式の取り扱いに力を入れてから日が浅いようですので、今後の動きに注目したいところですね。

サクソバンク証券に口座開設したい方はこちらから!