楽天証券の米国株取引手数料について世界一わかりやすく解説!

楽天証券の米国株取引手数料について解説

株式投資によって資産形成するにあたり、効率的に資産を増加させられる投資対象の一つとして米国株式は非常におすすめです。

www.r-shakaijin-plus.com

日本にいながら米国株投資ができる証券会社はいくつかありますが、楽天証券もその一つです。

株式投資をするにあたり手数料は証券会社の取り分、つまり投資家にとっては無駄なお金ですので、できるだけ安く抑えたい項目です。

楽天証券での米国株取引手数料の特徴は以下のような点にあります。

  • 株の売買は円貨決済が可能
  • 対象ETFの売買手数料は無料
  • 取引手数料のポイント還元あり

当記事では、米国株式購入においてかかる手数料全般の仕組みと楽天証券で米国株式を売買する場合の手数料とその特徴について詳しく説明します。

楽天証券での米国株取引にかかる手数料について

分析、グラフ

さっそく米国株投資においてかかる一般的な手数料と楽天証券の手数料についてみていきます。

米国株投資における一般的な手数料

日本に住んでいる方が株を購入する場合、以下の2つの手数料がかかります。

  • 円↔ドルの変換における為替手数料
  • 株式の売買手数料 

基本的に、この2種類以外の手数料はかかりませんので、安心してください。

それぞれ簡単に見てみます。

円↔ドルの変換における為替手数料

米国株式はアメリカの株ですので、アメリカの通貨であるドルで購入する必要があります。

そしてドルを入手するためには、円をドルに交換する手続きが必要になり、その際に手数料がかかります。

逆に株を売る際にも、ドルを円に変換する必要があり、この時に手数料がかかります。

実例で簡単に見てみます。

レート:1ドル=100円、手数料:1ドルあたり10円と仮定。

1万円をドルに変換しようとする時、

手数料がかからない場合、1万(円)÷100(円/ドル)=100(ドル)

手数料がかかる場合、1万(円)÷{100(円/ドル)+10(円/ドル)}=90.9(ドル)

こんな感じで、変換した場合に手数料分入手できるドルの金額が下がります。

株式の売買手数料 

こちらは名前の通り、株式を売買した際にかかる手数料です。

一般的には、実際に売買した価格(約定代金)の~%といった形になっています。

実例で簡単に見てみます。

手数料:約定代金の1%と仮定。

株価が100円の株式を100株購入する場合株を買うのに必要な金額は、

100(円/株)×100(株)=10,000(円)です。

手数料が約定金額の1%ですので手数料は、10,000(円)×1%=100(円)です。

結果的に、株式を購入するのに10,000(円)+100(円)=10,100(円)が必要になります。

こんな感じで、株式を購入した場合に手数料分だけ余計にお金がかかります。

楽天証券での米国株取引にかかる手数料について

楽天証券で米国株を取引きする際の手数料について、 上記で説明した以下の2つの手数料をそれぞれ見てみます。

  • 円↔ドルの変換における為替手数料
  • 株式の売買手数料

楽天証券での円↔ドルの変換における為替手数料

まず初めに楽天証券では米国株の売買において、ドルでの決済と円貨決済という2つの方式を選択できるようになっています。

円貨決済について、以下で簡単に説明します。

一般的な証券会社では株を購入するにあたり、

  1. 円→ドルに変換
  2. ドルで株を購入する

という2ステップを踏む必要があります。

しかし、円貨決済ができる場合、

  1. 円で株を購入

ということで、1回の手続きで株を購入できます。株の売却時にも同様です。

つまり、円→ドルの変換を証券会社で自動的に行ってくれるのです。

この円→ドルの変換時に当然、為替手数料がかかってきます。

楽天証券での為替手数料は、円→ドルに変換する場合も、円貨決済を行う際も同額で以下のようになっています。

為替手数料(ドル↔円変換):25銭/ドル

他の証券会社と同程度の水準の手数料になっていますね。

ちなみに、楽天証券では株の売買においては、ドル決済と円貨決済の両方を選択できますが、配当金についてはドルでの入金になります。

楽天証券での株式の売買手数料

楽天証券での株式の売買手数料は、以下のような条件になっています。

  • 約定代金の0.45%
  • 最低手数料:0ドル
  • 最大手数料:20ドル
  • 対象ETFについては、買付手数料無料

わかりずらいと思うので詳しく説明すると、楽天証券では基本的に約定代金の0.45%が手数料としてかかります。

そして最低手数料が0ドルですので、どんなに少額の取引だとしても手数料は約定代金の0.45%の手数料になります。

しかし最大手数料が20ドルですので、取引額が大きくある一定の約定代金を超えると手数料が20ドルで固定されます。

つまり手数料の割合が約定代金の0.45%以下になりますので、取引金額が大きくなればなるほど、割安になるということです。

ちなみに手数料20ドルになるための約定代金は4,444ドルですので、50万円程度の取引額以上では、金額が上がるほど手数料がお得になります。

楽天証券のHPに記載されている以下のグラフが視覚的にわかりやすいですので、掲載しておきます。

手数料グラフ

出典元:楽天証券HP

最後にETF(上場投資信託)といって、個別銘柄を詰め合わせたパッケージの投資商品については、買付時の手数料が無料となっており、取引を行った翌月末までにドルでキャッシュバックされます。

対象商品については、 楽天証券のHPをご確認ください。

VTIやVOOといった米国株投資家に大人気の商品が対象になっていますので、非常に心強いです!!

口座開設はこちらから!

楽天証券の取引口座を開設する

楽天証券では手数料に応じたポイント還元がある

楽天証券の手数料の特徴は、なんといっても手数料が楽天スーパーポイントで還元される点です。

手数料の水準は他の証券会社と同じ水準ですが、ポイント還元がありますので、その分お得です。

還元額については基本的に手数料の1%となっています。

こちらの大口優遇の適用条件を満たしている場合は2%のポイント還元を受けることが可能です。

楽天スーパーポイントについては楽天カードと相性がよく、新規入会するだけで5,000ポイント(5,000円分)以上のプレゼントがあります。

楽天カードを持っていない方は、是非登録しましょう!

楽天カードはこちらから!

楽天カード新規入会キャンペーン

楽天証券で米国株式取引を始めよう!

登録

まとめると、楽天証券で米国株取引においてかかる手数料は以下の通りとなっています。

為替手数料

  • 買付時(円→ドル変換):25銭/ドル
  • 売却時(ドル→円変換):25銭/ドル

売買手数料

  • 約定代金の0.45%
  • 最低手数料:0ドル
  • 最大手数料:20ドル
  • 対象ETFについては、買付手数料無料
  • 取引手数料の1~2%のポイント還元あり

手数料の金額については、他証券会社と同程度の水準です。

しかし、売買手数料が楽天スーパーポイントで還元されますので、楽天カードユーザーにとっては非常にありがたいですね。

ぜひ楽天証券に口座開設をして、米国株投資を始めましょう!

楽天証券に口座開設したい方はこちらから!

口座開設はこちらから!

楽天証券の取引口座を開設する