Jointoα(ジョイントアルファ) の基本情報、メリット、デメリットを紹介

Jointo α(ジョイントアルファ)について解説!

・Jointo αってどんな特徴があるサービスなんだろう?

当記事では上記のような悩みに答えるため、不動産投資型クラウドファンディングのJointo αについて紹介します。

結論から言うとJointo αの特徴は以下のような点にあります。

ポイント!

・東証一部上場企業の穴吹興産が運営!

・利回りは4%程度。1年以内の短・中期案件が中心。

・30%の値下がりまではJointoαが肩代わり(Jointoαが劣後出資)

Jointoαは東証一部上場の穴吹興産が運営する不動産投資クラウドファンディングサービスです。

東証一部の安心感の上にJointoαが30%の劣後出資をしており、投資家のリスク低減に積極的なサービスであると言えます。

2019年4月からサービス開始と、まだこれからの動きには注目したいですが口座を作るだけならタダですので、まずは当記事を参考にして是非登録してみてください!

Jointoα(ジョイントアルファ)

Jointoα(ジョイントアルファ)のサービスを紹介(基本情報、メリット、デメリット)

グラフをプレゼンスする人

簡単に不動産投資クラウドファンディングについて解説した後、SYLA FUNDINGの基本情報やメリット、デメリットを紹介します。

不動産投資クラウドファンディングとは?

「不動産投資クラウドファンディングがどういうものか?」をおさらいです。

まずクラウドファンディングは、簡単に説明すると「お金を借りたい人(企業)」と「お金を貸したい人(企業)」を結びつけるサービス・プラットフォームです。

そして不動産投資をを対象に資金を集めて貸し出すものを、不動産投資クラウドファンディングといいます。

通常、不動産投資をするにはまとまった資金が必要になりますが、不動産投資クラウドファンディングは複数の出資者がお金を出す仕組みなので、それぞれの出資者は少額で不動産投資をすることができるという利点があります。

不動産投資に個人投資家が参加しやすくなる画期的なサービスですね!

複数の人がお金を出して不動産を購入する
出典:OwnersBook・HP

お金の流れを簡単に流れを説明すると以下の通りです。

  • 不動産投資クラウドファンディング事業者は投資家から資金を集め不動産投資を行い、売却益や賃貸収入によて収益を上げます。
  • 不動産投資クラウドファンディング事業者は投資で挙げた収益から、配当金(分配金)として融資額から4%程度の利回りで配当を投資家に分配します。
  • 「投資家のお金を集めて、不動産投資を行う」という業務を遂行しているのが不動産投資クラウドファンディング事業者になります。

不動産投資クラウドファンディングでは、事業者が提示をしてくる特定の案件に向けて投資を行うことになります。

こちらは、不動産投資型クラウドファンディング事業者のCREALの案件ページになりますが、物件の名前まで記載がありますね。

Q Stay and lounge上野

出典:CREAL・HP

また案件の種類としては、大きく以下の2案件に分かれます。

①インカムゲイン重視・・・賃貸収入による収益確保

②キャピタルゲイン重視・・・物件売却による収益確保

それぞれ、メリット・デメリットはありますので、一概にどちらがいいとは言うのは難しいですので案件毎に精査が必要です。

最後に不動産クラウドファンディング事業者に対して、投資家は自身の資金を安全に運用するために、以下のような要素を重視すべきと言えます。

  • 魅力的な投資案件(物件)を保有している
  • 計画通りに投資を行ってくれる
  • 計画から外れた時に投資家の資金をできるけ減らさないでくれる

投資家の視点から見ると大事な資金をしっかりと運用してくれるかは非常に重要です。

以下では、Jointo αについて、どのような取り組みをしているか確認していきます。

Jointo α(ジョイントアルファ)の基本情報

Jointo αは、穴吹興産株式会社が運営する不動産投資型クラウドファンディングサービスです。

基本情報を簡単に表にまとめました。

サービス開始 2019年4月
上場 東証一部上場
最低投資額 10万円
劣後出資 30%
利回り 3~5%前後
運用期間 12ヶ月以内
投資方法 都度入金
入金手数料 投資家負担
出金手数料 無料(都度出金)
案件 不動産投資

親会社の穴吹興産株式会社は、1964年に創業し香川県に本社を持つ東証一部上場企業です。

不動産業を中心に人材サービスや広告事業など幅広い業務を行っている、50年以上の歴史を持つ企業です。

Jointoαはそんな穴吹興産が、「地域に眠る良質な不動産への投資活動の活発化」を目的に始めたサービスです。

実際に投資を行っている案件にも、高松や福岡など地方都市に向けた案件も多くあるのが特徴です。

Jointo α(ジョイントアルファ)の担保・保証についての仕組み

ソーシャルレンディングは融資(金貸し)ですので、基本的には担保や保証が設定されます。

Jointo αでは、各案件に対してJointo αがその評価額の30%の劣後出資を行っています。

これがどういうことかというと、案件に何らかの問題があり、運用資産の評価額が下落した場合、その下落額はまずは劣後出資者(Jointo α)が負担し、30%以上の価格下落幅の場合は、30%を超える分んちういては優先出資者(投資家)の元本が減少します。

Jointo αの案件募集ページにも以下の図で説明されています。

出資元本の安全性の仕組みと棒グラフ
出典:Jointo α・HP

不動産評価額が運用開始時評価額の30%超下落しなければ、投資家の元本減少することはありません。

つまり、不動産の評価額の30%までの下落だったらJointo αがその損を負担してくれ、投資家には影響がないということです。

万が一の場合に30%の価格下落まで投資家に影響がないのは、非常に心強いですね!

Jointoα(ジョイントアルファ)

Jointo α(ジョイントアルファ)のメリットとデメリット

MERIT、DEMERIT

以下でJointo αに投資する上でのメリットとデメリットを紹介します。

Jointo α(ジョイントアルファ)に投資するメリット

Jointo αに投資するメリットは以下のようなものが挙げられます。

  1. 0%までの損失はJointo αが肩代わり
  2. 短期案件が多い
  3. 投資物件の詳細情報を確認できる
  4. 東証一部上場企業の穴吹興産が運営

それぞれ、詳しく見てみます。

1.30%までの損失はJointo αが肩代わり

「担保・保証についての仕組み」の項目でも説明しましたが、30%までの価格下落でしたらJointo αが肩代わりをしてくれます。

こうやって、事業者自体が肩代わりしてくれることは、投資家にとっては非常に心強いです。

ちなみに、30%の融資の劣後出資(肩代わり)は業界内では最高水準に当たります。

2.1年以内の短期案件が多い

不動産投資型クラウドファンディングでは、一般的に賃貸収入を狙ったインカムゲイン型の案件も多いため、比較的、長期間の投資案件が多いです。

しかし、Jointo αの案件は6ヶ月~1年以内と比較的、投資期間が短いものが多いです。

期間が短いと資金が手元を離れる期間が減るためにリスクは低くなります。

また、資金の流動性も上がりますので、安心できますよね。

3.投資物件の詳細情報法を確認できる

投資先の物件が、しっかりと安定した収益を上げてくれるのか?という点は、投資家にとってはもっとも重要な部分です。

その点について精査をする上で、物件情報は非常に重要になってきますが、Jointoαでは他社に比べて投資対象物件の詳細な情報を確認することができます。

エントランス写真、間取り図

このような感じで、物件の雰囲気をつかみやすい情報を提供してくれるので、投資判断に非常に役立ちます。

4.東証一部上場企業の穴吹興産が運営

基本情報でも説明したようにJointoαは東証一部上場企業の穴吹興産が運営しています。

上場企業は投資家向けに定期的に財務状況を報告する義務がありますし、常に厳しい株主の目に晒されています。

そのため運営においても、未上場企業以上に社内の管理体制が整っていると考えられます。

2018年、2019年にはソーシャルレンディング業界で、大量の返済遅延やデフォルトの発生が問題になりましたが、ここは安心してみていられるのではないでしょうか。

Jointoαに投資するデメリット

Jointoαを利用する上でのデメリットについても確認してみます。

まだ具体的にはデメリットとして、以下のような点が挙げられます。

  1. 最低投資額が10万円と高い
  2. 募集案件がまだ少ない

それぞれについて、詳しく見てみます。

1.最低募集額が10万円と高い

他社が1万円や2万円を最低募集額にしているのに比べると募集額が高いです。

そのため、投資参加のハードルが少し高くはなっています。

しかし、東証一部企業が選定する不動産投資案件に10万円から参加できると考えれば安いと考えることもできます。

2.募集案件がまだ少ない

まだ比較的新しいサービスということもあり、募集案件は多くはないです。

そのため、他社サービスも併用しながら、投資機会をうかがっていく必要があるでしょう。

Jointoα(ジョイントアルファ)の口座を作って取引を始めよう!

REGISTRATION

Jointoαは不動産投資型クラウドファンディングの業界では珍しく、東証一部上場企業が運営するサービスです。

また、劣後出資を30%に設定するなど投資家のリスク低減のために、十分な取り組みをしています。

特徴をもう一度まとめておきます。

ポイント!

・東証一部上場企業の穴吹興産が運営!

・利回りは4%程度。1年以内の短・中期案件が中心。

・30%の値下がりまではJointoαが肩代わり(Jointoαが劣後出資)

SYLA FUNDINGの口座開設に必要なものを以下にまとめておきます。

  • お客様基本情報(住所、勤務先、銀行口座など)
  • 本人確認書類

とてもシンプルですね!

口座を作るだけならば無料ですので、是非口座を開設して投資チャンスを狙いましょう!

Jointoα(ジョイントアルファ)

同じ、不動産投資型クラウドファンディングのSYLA FUNDINGもおすすめです!

www.r-shakaijin-plus.com