堀江貴文(ホリエモン)著『時間革命』は何か悩みを持った人に読んでほしい一冊

時間革命 堀江貴文

人間関係、仕事、恋愛、趣味・・・で悩んでいます 

なんでもいです、何か悩みやモヤモヤを抱えているあなた。

読むことで気持ちがすっきりして前を向ける本があります。

私もクヨクヨ悩みやすい性格ですが、この本は私のマインドを変え、人生の幸福度を格段に高めてくれました。

その本は堀江貴文著『時間革命』です。

時間革命 堀江貴文著

控えめにいっても、自分の人生にとって最高にタメになる本でした。

「時間革命」というタイトルがついていますが、時間に限らず何らかの悩みを抱えているすべての人に読んでほしい一冊になっています。

本当におすすめの一冊ですので、当記事にて詳しく紹介させて頂きます。

この本をお勧めできる方

・何らかの悩みを抱えたすべての人

『時間革命』は何か悩みを持ったすべての人に読んでほしい一冊

本と男性の手

『時間革命』について、著書のホリエモンの紹介と本書の内容の特徴について簡単に紹介します。

著書の堀江貴文は誰もが知る有名実業家

著者の堀江貴文さん(ホリエモン)は、誰もが知る有名な起業家ですね。

多くのテレビ出演から自らの舞台出演、YouTube、宇宙事業、オンラインサロンの運営など、あらゆることに取り組んでおり話題になる人物です。

またホリエモンは、SNSなどで発信する以下のような独特なスタイルで、ネットニュースなどでしばしば話題になります。

  • 電話をかけてきても基本的にでない。
  • 仕事はすべてスマホで行う(パソコンは必要ない)。
  • 常にホテル暮らし
  • ベーシックインカムの推奨

など・・・

私も彼のこれらの情報を断片的には知っていましたが、この本を読んだことでその裏にある彼の共通の価値観を知ることができました。

多彩な実業家であるホリエモンが、会社経営から刑務所生活まで多様な人生経験を積む中で培われたその考え方が本書には、余すことなく書かれています。

ホリエモンのすべての行動における共通の価値観

この本で一番重要な部分に関しては、「はじめに」の章でこのように書かれています。

 「時は金なり」ということわざがある。

 

ぼくに言わせれば、こんなバカな考え方はない。

この言葉は、時間とお金を「同等に価値があるもの」だとしているからだ。

 

人間にとって、何より尊いのは「時間」である。

 お金など比べものにならない。

 出典元:時間革命

ホリエモンにとって、人間において一番大事なものは何よりも時間であるということです。

この考え方が彼のあらゆる行動選択における源泉になっています。

そして時間を語るうえで欠かすことができないキーワードが、「自分時間」と「他人時間」です。

時間を最も尊いものとして生きるということは、以下のような生き方をすることだと語っています。

 当然ながら「自分時間」が多ければ多いほど、あなたの人生の質は高くなる。

逆に、「他人時間」ばかりを過ごしている人が、自分の人生に満足できていることはまずない。

出典元:時間革命

ここに書かれている通り、まさに「他人時間」減らし、「自分時間」を増やすことが幸福につながることであるという考えです。

そして、如何にして「他人時間」を削り「自分時間」を増やすか、ということが本書の話題の中心になっています。

そしてその共通の価値観をもとに、貨幣論、人間の欲求、無常の概念、仕事の進め方まで多様な面について、学べるのが本書の特徴です。

自分時間の生きる上で大事なのは多動

「自分時間」を増やし、「他人時間」削る。そして「自分時間」の質を高める。

ホリエモンの行動の源にある価値観は上記で述べた通りこちらの考え方にありますが、それを実現する上でh多動というキーワードが欠かせません。

多動は、ホリエモンが著書「多動力」という本で詳しく述べている考え方です。 

多動力 堀江貴文

本書の中でも「多動」については、以下のように述べられています。

 時間の価値を高めたいとき、注意するべきは「多忙」と「多動」を勘違いしないことだ。

多忙な状態が続いていると、なんとなく毎日が充実しているような錯覚に陥ってしまう。

・・・・・

目指すべきは「多動」だ。

余計なことを考える暇がないくらいに、自分の心が躍る予定だけで、時間をしっかりと埋め尽くし、無我夢中で動き回るのだ。

出典元:時間革命

心躍る予定で埋め尽くされた状態、その時間がつまり「自分時間」であり、「自分時間」を生きているという状態なのです。

つまり、「自分時間」を生きる上で、「多動」は欠かせないキーワードなのです。

「多動」をどうやって実現するのか、 「多動」とは本当の意味でどういう状態なのか。

それを知りたいと思ったあなた、本書内で詳しく解説されているので、是非チェックして実践してみてください。

時間革命 堀江貴文著

『時間革命』は私の人生を変えてくれた一冊です

手を広げる女性

私自身やりたいことは、今も昔もたくさんあり忙しくしている方です。

それに加えて仕事、家庭問題、人間関係など色々な悩みがあり、自分の人生は不幸に向かっていると、そう思い込むこともありました。

しかし本書を読んだらそう言ったモヤモヤが全て吹き飛びました。

それらは私が「他人時間」を生きていただけだ、ということに気づいたからです。

結局「自分時間」を生きて、人生における心躍ることの比率を増やせば、人生が充実した生活に変わるのです。

私は本書を読んでから、ホリエモンが提唱していることを真似して具体的に以下のようなことを意識的に行いました。

  • 自分のやりたいこと(=自分時間の過ごし方)の整理
  • 隙間時間の徹底活用
  • メールの返事や決定をできるだけ保留しない
  • 「自分時間」を奪う相手への対処をできるだけ簡潔に

そして、これらの簡単なことを実践しただけで、本当に気持ちの部分が大きく変化し、毎日の幸福度が急上昇しました。

また「時間」という価値観が大きな柱として自分の中にあることで、自分自身の行動における迷いがなくなりました。

何かのセールストークのように聞こえるかもしれませんが、言い過ぎではなく私にとっては本当に自分の人生を変えてくれる素晴らしい内容の本でした。

何かの悩みがあるのなら『時間革命を読んで自分を見つめ直そう

本を読む女性

本書内でホリエモンは「他人時間」について、このように語っています。

ほとんどの「他人時間」の発生源は、あなた自身のなかにある。ほかでもないあなた自身が、貴重な「自分時間」を捨てている犯人なのである。

出典元:時間革命

 いま現在、何らかの悩みを抱えているあなた。

まずは、あなたの中にある「自分時間」を捨てている犯人を見つけ出し、あなた自身に革命を起こしましょう。

私は、それで今後の自分の人生を大きく変えることができると、確信することができました。

是非、本書を読んで人生を変える一歩を踏み出してみてください。 

時間革命 堀江貴文著

投資に関する悩みを抱えている方は、たぱぞうさんの『お金が増える米国株超楽ちん投資術』がおすすめですので、読んでみてください!

www.r-shakaijin-plus.com