デロイトトーマツ コンサルティング(DTC)の中途採用面接【体験記】

Deloitte

総合系コンサルティングファームのデロイト トーマツ コンサルティング。

東大生・京大生が選ぶ、就職先人気企業の一社にもなっています。

そんなデロイト トーマツ コンサルティングでは、他のコンサルティングファームと同様に、積極的に中途採用を行っています。

当記事ではコンサルタントを目指す方の助けに少しでもなれればと思い、実際にデロイト トーマツ コンサルティング(以下、DTC)の中途採用選考を受けた筆者の実体験を紹介します。

デロイト トーマツ コンサルティングを受ける際には、是非参考にしてみてください!

他コンサルティングファームの選考体験はこちらをどうぞ!

デロイト トーマツ コンサルティング(DTC)の中途採用選考について

カフェで話す人たちとパソコンとコーヒー

DTCの紹介とDTCの中途選考の体験記です。

デロイト トーマツ コンサルティング(DTC)について

デロイト トーマツ コンサルティングは世界四大会計事務所(BIG4)の一社であるDeloitteグループのコンサルティング部門です。

クライアントの戦略策定から実行支援までを支援するいわゆる総合系コンサルティングファームの一社になります。

DTCは戦略部隊としてMonitor Deloitteという戦略コンサル組織を持っておりますが、今回はDTC本体の方の選考体験になります。

ちなみに、Monitor DeloitteはMonitorグループという戦略コンサルティングファームをDTCが買収したことで、今の体制になっています。

同じBIG4のPwCもBooz and Companyを買収してStratbgy&、EYはパルテノンを買収してEYパルテノンを戦略組織として持っており、いま流行りの流れと言えます。

またDTCではBCGやマッキンゼーなどの他コンサルティングファームと同様、デジタル系の案件に力を入れておりDeloitte degitalという別会社も持って活動しており、コンサルティング業界の流行をしっかりと取り入れた会社であると言えます。

ちなみに、同じBIG4のKPMGコンサルティングやStrategy&の面接については、こちらの記事をどうぞ。

デロイト トーマツ コンサルティング(DTC)の中途採用選考の体験記

スーツのボタンを結ぶ男性

ここからは、私の選考体験になります。

今回私が応募したのはDTCのインダストリー部門(業界専門の部門)になります。

以下が私が選考を受けた際の中途採用の選考フローです。

書類選考

  ↓

一次面接

  ↓

二次面接

  ↓

三次面接(最終面接)

  ↓

オファー(レターのみ、面談はなし)

面接3回でオファーというオーソドックスな選考フローでした。

選考フローについては、各インダストリーやコンピテンシーの部署毎に異なるようです。

ガイコンマーチさんのブログでPool部門の選考フローが紹介されていますが、こちらも面接3回ということですので、DTCでは3回の面接というのは一般的な流れのようです。

gaicon-march.com

以下で、各選考フローにおける詳細内容を見ていきます。

一次面接

Webテストはなく、書類選考に通過するとすぐに一次面接となりました。

一次面接の概要は以下の通りです。

場所:丸の内二重橋ビル(DTCオフィス)

面接官:マネージャー(事業会社出身)

内容:一般面接15分、ケース20分、逆質問10分

合否連絡:即日、二次面接の案内

面接の流れは以下の通りです。

 

一般面接(15分)

一般的な1分程度の自己紹介からスタートし、志望動機や現職で達成したこと、といった一般的な質問。

志望動機や自己紹介への深いつっこみや、擬似ケース的な質問もなく、淡々と終了。

 

ケース面接(20分)

一般面接の後、「どういう頭の使い方をするのか知りたい」、ということでケース面接に移行。

趣味であるスポーツの話から、「バスケットボールチームのファンクラブの会員を増やすには?」という質問に。

10分ほどで簡単に答えをまとめて欲しいということで、会議室に備え付けのホワイトボードを使用して、考え方をまとめてプレゼンを行いました。

考え方としては、会員数を増やすには、「新規会員数を増やす」と、「既存会員の流出を減らす」、の2点の視点があることに分解します。

そして、新規会員については、市場がかなり広いので、顧客をスポーツへの関心やバスケへの関心という具合に分類した上で、各グループの顧客の特性を考慮したうえで、打ち手の洗い出し。

既存会員については、既存会員が脱退してしまう原因を洗い出したうえで、打ち手の導出という形で解答。

優先順位付けまでは行えませんでしたが、ここもあまり深い質問はなく、ある程度、回答の流れを示せたことで面接官は満足されたようでした。

 

逆質問(10分)

最後にこちらからの逆質問。

部屋の終わりの時間が来るまで、とても丁寧に逆質問に答えて頂きました。

二次面接

二次面接の概要は以下の通りです。

場所:丸の内二重橋ビル(DTCオフィス)

面接官:シニアマネージャー(戦略ファーム出身)

内容:一般面接15分、ケース35分、逆質問10分

合否連絡:約2週間後にオファー面談の案内

面接の流れは以下の通りです。 

 

一般面接(15分)

面接官が入室してきて、まずは簡単な挨拶を交わしましたが、色黒でかなりギラついた雰囲気の方でした。

一次面接と同様、一般的な1分程度の自己紹介からスタートし、まずは志望動機や現職での業績といった一般的な質問。

志望動機に対しては特に突っ込まれませんでしたが、現職の業務内容についてはかなり細かいところまで、「それってなんでなの?」、「他の営業の仕方はないのか?」とコンサルらしく、詰める雰囲気でした。

なんとか自分の考えを打ち返すものも、あまり手ごたえはありませんでした。

今回受験したのはインダストリー部門で業界が決まっている部門での受験ということもあり、業界の知識や慣習をどれくらい理解しているのか?というところを確かめたかったのかもしれません。

 

ケース面接(35分)

 一般面接で、かなり詰められた後はケース面接に移行。

テーマは「某業界大手企業の営業利益額を推定する」というフェルミ推定。

10分ほどで簡単に答えをまとめて欲しいということで、会議室に備え付けのホワイトボードを使用して、考え方をまとめてプレゼンを行いました。

営業利益を出すには原価や販管費を考慮する必要がありハードルが高いため、時間制約も加味して、売上をフェルミ推定で算出し、一般的な営業利益率をかけて算出。

ここでも仮定でおいた数字の根拠や売上高算出のセグメント分けについて、色々と突っ込みを受けますが、なんとか自分なりの回答を打ち出して返答。

また売り上げの算出にあたり一部漏れのあったセグメントがあり、その指摘を受けて面接官の助けも借りながら軌道修正。

正直言って、ケースはあまりいい出来ではなく、落ち込みました。

 

逆質問(30分)

最後に逆質問の時間がありましたが、ここでも詰め気味の対応をされます。

例えば、「未経験で入社する人で、どういった人が成長しているのか?」といった定番の質問に対しては、「逆に、どういう人だと思ってるの?」と質問には質問で答える形でした。

反省として、何でも教えてもらうというスタンスではなく、まずはいわゆる仮説思考で自分の仮説を示す、そのうえで、仮説の妥当性を確かめる、わからない部分については質問をする、というスタンスの方がコンサルタントの方にとってはいいのかもしれません。

とはいえ、逆質問でこちらが質問攻めにあったのは、この面接官だけですので、そんなに気にする必要はないのかもしれません。

そして、こんなに詰められて手ごたえもない面接でしたが、不思議と面接は通過しているという結果に。

ちなみにDTCのPool部門(第二新卒相当)の場合は、二次面接のケース面接では資料を読み込んでがっつりとケース面接をやるようで、ここが勝負所になるようですので、気合を入れて対策する必要があるでしょう。 

三次面接(最終面接)

二次面接を通過後の三次面接の概要は以下の通りです。

場所:丸の内二重橋ビル(DTCオフィス)

面接官:パートナー(総合ファーム出身)

内容:逆質問(30分)

合否連絡:3日後に内定連絡

面談の流れは以下の通りです。

 

逆質問(30分)

パートナーとの面接ということで、非常に緊張して望みました。

最初はいつも通り自己紹介から始まりました。

しかし、特に突っ込みは何もなく、「デロイトについて、何か聞きたいことはありますか?」と、いきなり逆質問へ。

そこから、ひたすら準備してきた質問をして、前職の会社の話など雑談レベルの話をずっと続けて、あっさりと面接は終了。

DTCの場合、二次面接を突破した段階でほぼ内定が決まっているようで、友人に話を聞いても、皆30分程度であっさりと面接が終わったようでした。 

オファー

最後に、エージェント経由でオファーレターを頂きましたが、特にオファー面談はありませんでした。

給与額と簡単な契約書のようなもので、給与額は他のBIG4ファームと比べると比較的高いという印象です。

デロイト トーマツ コンサルティングの選考を通じての所感と選考対策

電球と記号

ここからは、選考を通して感じた所感と選考対策についてです。

DTCの選考の所感

今回はインダストリー部門での選考となりましたが、「どういう案件が多いのか?」という質問に対して、戦略3割、オペレーション改革3割、IT3割といった割合とのことでした。

総合ファームというと戦略部隊が別にあるため、インダストリー部門はオペレーション、IT案件の比率が圧倒的に高いという印象でしたが、DTCの場合はそういうわけでもないようです。

戦略案件についても基本はインダストリー部門で受けて対応しているようでした。

逆に、いまいち戦略部隊との棲み分けがわかりませんでしたが。。笑

戦略も含めた幅広い種類の案件に携われるということは、総合ファームならではの非常に魅力的に感じました。

デロイトの選考対策

特徴があるわけではない、オーソドックスな面接でした。

しかも、そこまで厳しいツッコミがあるわけではなく、聞かれた質問に対して、しっかりと答えられれば問題ないと言えます。

ケース面接においても、私の二次面接のように思考の抜け漏れがあったり根拠の乏しい数字を仮定で置いていても、ある程度、議論や思考の進め方が間違っていなければ、選考は突破することができます。

おそらく、頭の基本的な使い方の部分と面接官に詰められても自分の考えをまとめて伝えようとする精神的なタフさも考慮していると考えられます。

コンサルティングファームの面接では、必ずケース面接があります

面接で話す人たち

コンサルティングファームの選考ではケース面接が、必ずと言っていいほどあります。

そしてコンサル受験者にとっては、一番の難敵であると言っていいでしょう。

ケース面接の解答については、ファームによって出題形式も求められるレベルも変わってきます。

しかし、中途採用を受けた私の感覚では、総合系ファームのケースでは、ある程度、回答の型を守って話していれば問題ありませんでした。

その回答の型を身に付ける上で鉄板ではありますが、「東大生が書いた~シリーズ」が最も適しており、おすすめです。

戦略ファームを受験する場合でも、「ケース面接とはどういうものか?」を理解する、とっかかりに最適のシリーズと言えます。 

コンサルティングファームに入ると人生変わります

手を広げる女性と風船

私は事業会社からコンサルティングファームに転職して働いていますが、コンサルティングファームでは、魅力的な人や仕事が多く、今後のキャリアパスを考えても、大きく人生が変わります。

コンサルティングファームの選考はレベルは高いとは言われていますが、近年は積極的に採用を行なっており、決して特別な人でないと受からないというレベルではなくなっています。

選考を受けるだけならばタダですので、選考に通過してから悩めば十分でしょう。

興味があるならば、すぐにエージェントに登録して、一歩を踏み出しましょう!!

他コンサルティングファームの面接体験記はこちらをどうぞ!!